×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

読書の情報サイト - 読書の良いところ・読書をすることのメリット・オススメの小説などを紹介~嶋津球太

HOMEオススメ電子辞書リーダー・本 > ミステリー小説

『ミステリー小説』紹介


そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

<<強烈なサスペンスに彩られた最高傑作!>>
その孤島に招き寄せられたのは、たがいに面識もない、職業や年齢もさまざまな十人の男女だった。
だが、招待主の姿は島にはなく、やがて夕食の席上、彼らの過去の犯罪を暴き立てる謎の声が……
そして無気味な童謡の歌詞通りに、彼らが一人ずつ殺されてゆく!!
「何度読んでも面白い。」
「ミステリーの中でも屈指の作品」

ミステリー界の女王アガサクリスティーの不朽の名作!



氷菓 (角川文庫)

さわやかで、ちょっぴりほろ苦い青春ミステリ
いつのまにか密室になった教室。
毎週必ず借り出される本。あるはずの文集をないと言い張る少年。
そして『氷菓』という題名の文集に秘められた三十三年前の真実―。

何事にも積極的には関わろうとしない“省エネ”少年・折木奉太郎は、なりゆきで入部した古典部の仲間に依頼され、日常に潜む不思議な謎を次々と解き明かしていくことに。
第五回角川学園小説大賞奨励賞受賞。

丁寧な伏線回収、意外性ある展開、巧みな心情描写、緩やかな雰囲気と、どこか懐かしい空気がたまらない。
学園モノとミステリーを上手くマッチさせた「日常系」ミステリーの傑作!









映画情報

『資格取得eラーニング』


アナと雪の女王
オリジナル・サウンドトラック

「黒執事」Blu-ray BOX

PR


マルチドメインレンタルサーバー【シックスコア】