×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

読書の情報サイト - 読書の良いところ・読書をすることのメリット・オススメの小説などを紹介

HOME > 本を読むこと

本を読むことは何が良いのか、本にはどんなジャンルがあるのか、本を読むきっかけになればと思います。


『読書のジャンル』

読書のジャンル
読書のジャンルには小説だけでも
「ミステリー」「SF」「サスペンス」「スリラー」「ホラー」「ノンフィクション」「エッセイ」「時代物」
など、様々なジャンルがあります。
その他にも、自己啓発本や実用書、料理本など多々のジャンルにわかれています。

読書は個人の好みによってジャンルが大きく変わってきます。
恋愛ものからホラー・アクションまで、たくさんのジャンルが小説にはあります。
自分が興味を持っている分野の本を読んだら、その世界にのめり込むことができその分野についてもっと知りたいという好奇心が湧きます。 自分の知らない分野でも新しい発見が読書をすることで得られます。


非現実を描いた読書

本のジャンルには様々な種類がありますが、アクションのようにな迫力ある本には非現実を描いたフィクションが多いです。
非現実的な世界観が、その本の内容に迫力をもたらしてくれるのです。

ジャンルでいうとSFなどに代表されるファンタジー作品が挙げられます。
非現実の世界は作り物のようなイメージがあるかもしれません。
しかし、映画は非常にうまく観る人を意識して製作されているので、そんなぶしつけな気持ちになることは少ないです。
むしろ、ド迫力の見たことないシーンを感じられるので、満足度が高い読書になっているでしょう。
読書の世界は現実とは限りませんから、負担感じることのできない迫力が感じられるのも大きな魅力なのです。


読書のメリット

<<ディズニー史上最大★最高の記録的No.1大ヒット!>>
SNS経由などで最新の情報に触れる機会は多いかと思いますが、人間の知識欲を満たすことに関して言えば、情報の詰まった本を読むことは最高の手段です。

<<表現力が豊かになる>>
本を読む人と読まない人との大きな差がでるのは、ボキャブラリーの豊富さや言葉の表現力であることが多いです。 読書をする習慣を持っていると、言葉に触れている量が圧倒的に違うからです。
頭にある情報を伝えるには、自分の考えを的確に言語化できる必要があります。言葉をどれだけ知っているかは思考と表現の差に繋がり、思い浮かべていることをきちんと言葉に表現することができるようになります。

<<癒し効果、ストレス発散>>
本を読んでいる時間は心が落ち着いて癒やされます。
なぜかというと読書の良い所は、一人でひたすら集中して没頭できるからです。
没頭している人間の脳というのはフリーになって何も考えていません。
脳としては究極の状態であり、ストレスも何も感じていないのです。

家での読書も良いのですが、もっと没頭したければ図書館に行くべきです。
独特の雰囲気とテレビなどの誘惑が少ない分、自分を本に非常に集中できる環境下に置きます。
借りた場合でも貸出期間は1~2週間なので、2週間以内に読み切らなければと毎日少しずつでも本を読む習慣が付きます。
借りたい本をネットで予約、図書館が開いていないときでもブックポストへの返却など図書館も最近では利用しやすくなっているので、ぜひ利用してみてくだい。

イライラしてストレスが溜まっている時には読書をすることで、本に没頭すると嫌なことも忘れられます。
ストレスは非常に身近な分非日常に没頭すれば忘れ去れるのです。


大人から子供まで楽しめるアニメ読書

アナと雪の女王

<<ディズニー史上最大★最高の記録的No.1大ヒット!>>
雪と氷の世界を舞台に、運命に引き裂かれた王家の姉妹を主人公に“真実の愛”を描いた感動アニメ。
触れるものを凍らせる力を持つ姉・エルサは、戴冠式の日に王国を冬に変えてしまい、城から逃亡する。 妹・アナは姉と王国を救うため、雪山へと旅立つ。

<ディズニー映画は英語の勉強にも良い>
ディズニー映画は短いセリフを繰り返し使う傾向があります。
なので英語の勉強にもとても良いです
ぜひお子さんと一緒に英語の勉強を初めて見てはいかがでしょうか


好みは分かれるとは思いますが、どのジャンルでもおもしろいのは確かです。


PR


映画情報

「お名前.com」

PR